保険証

保険証は国保の被保険者であるという証明書であると同時に、お医者さんにかかるときの受診券の役割を果たすものです。国保組合に加入すると1人に1枚ずつ交付されます。取り扱いは大切にしましょう。

保険証は原則として2年に一度、8月に更新いたします。

14日以内に届け出を

組合員は自分の世帯の被保険者に異動のあったときは、必ず14日以内に届け出をしなければなりません。

高齢受給者証

新たに70歳を迎える被保険者および家族には、所得に応じた負担割合を記載した「高齢受給者証一体型の保険証」を交付いたします(毎年7月下旬に更新いたします)。医療機関等では、医療費の負担割合(詳しくは「診療を受けるとき」をご覧ください)をこの高齢受給者証一体型の保険証で確認しますので、医療機関で受診する際には窓口で提示してください。

保険証の取り扱い

  1. 内容を確かめておく
    交付されたら記載事項に誤りがないかどうかを確かめておくこと。
  2. 紛失したり破れたりしたとき
    紛失したり破れて使えなくなったときは、すぐ組合へ届け出て再交付を受けてください。その場合、元の保険証が残っているときはそれを返してください。
  3. 必ず手元に保管する
    お医者さんの診療がすんだら、必ず手元に保管しましょう。
  4. 資格がなくなったら返す
    資格がなくなったときは必ず届け出をし、保険証を返してください。
  5. 書き換え
    有効期間が過ぎた保険証は使えません。
    新しいものが届きしだい古いものをお返しください。
保険証をなくしたときなどの手続きにつきましては、「保険証をなくしたとき」をご覧ください。

使い方ガイド

PageTopPageTop